糖尿病運動療法動画「血糖値低下に効果的!食後すぐにはじめるかんたん運動療法」

2021年10月29日作成

「血糖値低下に効果的!食後すぐにはじめるかんたん運動療法」掲載データ

糖尿病と診断されて日の浅い患者さんを以下2つのグループに分けて2つの試験を交互にした結果を再解析した。

●毎食15分後に15分間(1日3回で合計45分間)歩く生活を60日間続けたグループ
●1日1回朝食前にまとめて45分間歩く生活を60日間続けたグループ

【結果】朝食前に運動したグループでは血糖値、並びにHbA1cが改善しなかったのに対し、毎食後に15分間歩いたグループでは血糖値およびHbA1cともに改善がみられた。

健康で活動的な人を以下4つのグループに分けて、朝食から2時間後までの血糖値の平均を比較した。

●運動なしのグループ
●朝食前に歩いたグループ(30分間)
●朝食直後に歩いたグループ(30分間)
●朝食後30分後に歩いたグループ(30分間)

【結果】朝食前に歩いたグループと運動なしのグループでは血糖値の平均は変わらない。
一方で、「朝食直後」に歩いたグループでは2時間後までの血糖の平均は下がっている。

関連情報