低血糖について

低血糖は、糖尿病の治療中に起こりうる緊急事態です。

インスリン療法やSU薬服用中の患者さんは注意が必要です。
きちんと理解し、適切な対応ができるようにしておきましょう。

低血糖の症状 発汗 動悸 顔面蒼白 手指のふるえ 頭痛 空腹感 目のかすみ 眠気 傾眠 けいれん・昏睡

低血糖時の対応

ブドウ糖の携行

ブドウ糖あるいは砂糖やジュース(ブドウ糖を多く含むもの)などを常に持ち歩くようにし、低血糖と感じたらすぐに摂ります。

注)α‐グルコシダーゼ阻害薬を服用している方は必ずブドウ糖を摂ってください。
ブドウ糖の入手は医師に相談しましょう。

決して我慢してはいけません!
意識レベルが低下するほどの低血糖を起こしたときは、必ず医療機関で治療を受けましょう。

再発の予防

低血糖の原因を突き止める

低血糖の原因を突き止める 画像

低血糖を起こした状況を記録しておくとよいでしょう。

糖尿病患者力一ド(IDカード)の携行

インスリンの分泌異常

「わたしは糖尿病です。」と表示された力一ドを常に持ち歩くようにしましょう。
周囲の人に自分が糖尿病治療中であることをあらかじめ説明しておき、協力をしてもらうとよいでしょう。

ID力一ドは送料のみで入手できます。問合せ先:公益社団法人日本糖尿病協会(電話03-3514-1721)

関連情報