ジューシーな焼きぎょうざ

~パーキンソン病患者さんのためのリハビリキッチン~

レシピに込める想い・リハビリポイント

ひとくち食べると、ジューシーな肉汁が口いっぱいにひろがる焼きぎょうざ。幅広い世代に人気のメニューはぜひ、家族みんなで作ってお楽しみください。2種類のぎょうざの包み方をご紹介していますので、やりやすいパターンを選んでチャレンジしてみましょう。

リハビリポイント① 作業療法士 廣瀬哲司先生

手で混ぜる動作があるときは(特に両手を使って作業する場合は)、ご家族の方にボウルを押さえてもらうなど、補助をお願いしましょう。
ぎょうざを包む動作は、「ひだを寄せる」「棒状に折りたたむ」のどちらか試しやすいものを選んでみてください。

リハビリポイント② 理学療法士 岡本香菜子先生

切る動作のときは、まずは材料を小分けにして、一度にたくさん切らないようにする工夫をしましょう。
また、時間が少しかかる「皮で包む」ような作業のときは、無理をせず座ってゆっくり作業するようにしましょう。

      
栄養価(1人分)
【エネルギー】 371 kcal 【タンパク質】 15.2 g
【脂質】 16.8 g 【炭水化物】 36.7 g
【食物繊維】 2.4 g 【食塩相当量】 1.2 g

材料(2人分)

餃子材料一覧
      
材料詳細
餃子の皮 16枚(96g)
豚ひき肉 100g
白菜 120g
にら 1/3束(30g)
塩(白菜用) 小さじ1/6(1g)
A しょうが(すりおろし) 5g
にんにく(すりおろし) 3g
砂糖 小さじ2/3(2g)
小さじ1(5g)
しょうゆ 小さじ1(6g)
ごま油 小さじ1(4g)
片栗粉 小さじ2/3(2g)
オイスターソース 小さじ1強(6g)
大さじ1/2(6g)
ごま油(仕上げ用) 小さじ1(4g)
B 小さじ2(10g)
こしょう
少々

料理を始める前に

【調理前】
必要な道具・食材を準備し、調理スペースや歩く場所に不要なものは置かない。
【調理中】
姿勢を正したり、身体を大きく動かすように意識する。(腰の曲げ伸ばし、肩甲骨をまわす等)
【調理中】
疲れたら座るなど、休憩しやすい環境を整える。

【作り方】

1.白菜はみじん切りにします。塩を振って、10分ほどおいて水けをしっかり絞ります。

【固定する】まな板を使用するときは「ぬれ布巾」を敷いて、その上にまな板を置くと安定するため、安心して作業することができます。

まな板を設置する

【しっかり押さえる】材料を切るときは、包丁を持たないほうの手でしっかりと食材を押さえます。

まな板を設置する

【両手でぎゅっと絞る】白菜の水けを絞るときは両手で、握手をするように絞ります。

白菜の水けを取ります。

2.にらは長さ2mmに切ります。

3.ボウルに豚ひき肉とAの調味料を入れ、粘りが出るまでしっかり練り混ぜます。

ひき肉と調味料を混ぜます。

4.白菜とにらを加え、さらに練ります。時間があれば、冷蔵庫で30分ほどおいてなじませます。

【補助してもらう】手で混ぜる動作のあるときは、ボウルを押さえてもらうなど、ご家族や介護の方に補助をお願いしましょう。

白菜とにらを練ります

5. 4のたねを1人8個になるように等分し、餃子の皮にのせます。皮の縁に水(分量外)をつけ、ひだをつけながら閉じます。

餃子のたねを等分します。

【座って作業する】餃子の皮で包む作業は、座ってゆっくりするように心がけましょう。

餃子の皮で包みます。
餃子の皮で包んだら、ひだができるように形を整えます

6.フライパンに油を中火で熱し、餃子を並べます。水(分量外、2人分で100ml)を加え、蓋をして焼きます。

フライパンに油を中火で熱し、餃子を並べます。

7.水がほとんどなくなったら蓋を外し、仕上げ用のごま油を回しかけて表面がカリッとするまで焼きます。

仕上げのごま油をかけてカリっと焼きます。

8.器に盛り、Bのたれを添えて出来上がりです。

ジューシー焼きぎょうざ

気分を変えて作るなら

同じ材料と分量で別のアレンジも!
ちょっと違う手順の動きにトライして、新しい一品に仕上げましょう。

棒餃子

こちらも我が家の定番メニュー。
ジューシーな棒ぎょうざ

ぎょうざの皮を折りたたむだけの棒餃子もおすすめ。より包みやすくするなら、四角い形のワンタンの皮がおすすめです。(写真参照)

ワンタンの皮と餃子のたね
気分を変えて①
等分したたねをワンタンの皮の中央にのせます。
ワンタンの皮で包んだ餃子
気分を変えて②
皮のふちに水をつけて上下を折りたたみます。
ワンタンの皮で包んだ餃子
気分を変えて②
両端をしっかり閉じたら完成です。フライパンで同じように焼きます。

リハビリポイント・栄養アドバイス

手で混ぜる動作があるときは(特に両手を使って作業する場合は)、ご家族の方にボウルを押さえてもらうなど、補助をお願いしましょう。
ぎょうざを包む動作は、「ひだを寄せる」「棒状に折りたたむ」のどちらか試しやすいものを選んでみてください。

作業療法士 廣瀬哲司先生

切る動作のときは、まずは材料を小分けにして、一度にたくさん切らないようにする工夫をしましょう。
また、時間がすこしかかる「皮で包む」ような作業のときは、無理をせず座ってゆっくり作業するようにしましょう。

理学療法士 岡本香奈子先生

年代を問わず人気のぎょうざは、たくさん作ってみんなで食べたい、思わず箸が進む定番メニュー。
お肉(豚ひき肉)でたんぱく質やエネルギーをしっかり摂取しましょう。また、つけだれを「酢こしょう」にすることで減塩対策になりますよ。

おいしい健康 管理栄養士

~掲載レシピ~

関連情報