Vol.39 花粉症、ハナから諦めないで。

寒さも厳しく、暖かい春が待ち遠しい季節。
でも、花粉症だから春は嫌だ、なんていう方も多いのではないでしょうか。
今や1千万人以上とも言われる花粉症人口。
症状はくしゃみ・鼻みず・鼻づまり・目のかゆみなどです。
症状を抑えるには、なんといっても原因である花粉を避けることが一番。外出の際にはマスクやメガネ・帽子を着用し、家に入る前には服についた花粉を払うようにしましょう。また、疲労やストレス・睡眠不足なども症状悪化の要因に。自律神経機能の低下によって、アレルギー症状が出やすくなることもあるそうです。規則正しい生活を送ることも花粉症の予防になるのですね。

ここで、花粉の季節のお掃除のヒケツをご紹介します。掃除機は、できれば長いホースをつけて室外へ。中に入れると排気口からの空気で床の花粉が舞い上がってしまいます。花粉はふわふわと空中を飛ぶイメージですが、風のない室内では床に落ちているんですね。また、飛散前に治療を始めることも効果的。花粉前線が登場するのは2~3月です。とはいえ、スギ花粉が飛びはじめるのは1月から。今から治療を始めれば症状を軽くできますよ。今年はいつもより早めにお医者さんに相談してみてはいかがですか。規則正しい生活と早めの対策で、スッキリと気持ちの良い春を迎えましょう。

【注釈】
  ※「鼻アレルギー全国疫学調査2008」では、花粉症患者数は約3000万人となっています。

掲載年月 2003年01月

三角の再生ボタンをクリックすると、上の文章をナレーターによる音声でお楽しみいただけます。

関連情報