Vol.45 あなたのペットはニャン才ですか?

2月22日は猫の日。
というわけで今回は、ペットのお話です。
今、日本で飼われている犬や猫はなんと約1600万匹。
すっかり身近な存在になったペットですが、心を潤してくれるだけでなく、私たちの健康にも良い効果をもたらしてくれることがわかってきました。感情を豊かにしたり、ストレスを緩和したりといったその効果は、アニマルセラピーという形で、老人福祉の現場で役立っているんですよ。さてみなさんは、ペットにも高齢化社会が訪れていることをご存じですか?10年以上生きるのが珍しくないペット達ですが、飼い猫の場合、約30%以上が人間でいう中高年に当たるそうです。

また、それに伴って増えているのが糖尿病などの生活習慣病。その原因の1つは肥満です。猫の場合、イビキをかいたら要注意。気道の周囲にまで脂肪がついてしまっている可能性がありますよ。予防の一番のポイントは、食事管理。体格や年齢にあったものを適量与えるようにしましょう。また、かかりつけの動物病院を決めて、定期的に健康診断を受けるのもおすすめです。ペットは飼い主にとってかけがえのない存在。健康に気をつかいながら、一緒に元気で楽しい毎日を送りましょう。

【注釈】
  ※「第15回犬猫飼育率全国調査2008」では、日本で飼われている犬や猫は約2400万匹となっています。

掲載年月 2004年02月

三角の再生ボタンをクリックすると、上の文章をナレーターによる音声でお楽しみいただけます。

関連情報