パーキンソン病患者さんのための食事・栄養の工夫

パーキンソン病患者さんのための食事・栄養の工夫

監修:管理栄養士 江頭文江先生
レシピ監修:株式会社おいしい健康 管理栄養士

パーキンソン病患者さんが食事について悩まれることの多い「体重維持」「飲み込みづらさ」「便秘」「嗅覚・味覚障害(においや味が感じづらい)」というお悩みについて、食事・栄養面にフォーカスして、ご自身やご家庭で取り入れやすい対処法、簡単なレシピなどを紹介いたします。

ご自身の体調にあわせて、やってみたいと思うこと、できるところから是非チャレンジしてみてください。また、ご家族や介助される方が患者さんをサポートしていくうえでのポイントも参考になさってください。

体重を減らさないための 食事のきほん

体調を整えて活動をしていく上で大切になる「体重維持」「体重を減らさない」ための食事のきほんです。食事のとり方や選び方・間食の活用、レシピをわかりやすくご紹介します。

食べにくいと感じたら 〜調理の工夫編〜

食事が食べにくい(または飲み込みにくい)と感じたときに、自宅でもできる食べ方・調理の工夫を紹介します。また、普段の料理に活用すると便利な食材とともに簡単なレシピもご紹介します。

食べにくいと感じたら 〜市販品活用編〜

食事が食べにくい(または飲み込みにくい)と感じたときに、コンビニやスーパーで手に入る「市販品」を活用した、食事や間食などの工夫を紹介します。

便秘のお悩み、 嗅覚・味覚に不安を感じたら

患者さんが普段の生活で感じることのある「便秘」「嗅覚・味覚障害(においや味が感じづらい)」というお悩みについて、家庭で取り入れやすい対処法や、食事面の工夫をレシピとともにご紹介します。

関連情報